技術士二次試験に挑戦するなら通信講座がおすすめ!おすすめの講座はこちら!

危険物を扱うなら「危険物取扱者」の資格は必須!【必要な場合を解説】

記事内に広告が含まれる場合があります

ガソリンスタンドや工場など危険物を扱う施設や車両で働く場合は、危険物取扱者という資格が必要なことをご存知ですか?

危険物取扱者は、消防法に基づいて危険物の取り扱いに関する専門的な知識や技能を有すると認められた人のことを指します。

では、具体的にどのような場合に危険物取扱者が必要となるのでしょうか。

また、危険物取扱者の資格を取得するにはどうすればよいのでしょうか。

本記事では、危険物取扱者の必要性や取得方法についてわかりやすく解説します。 危険物を扱う仕事に就きたい方や資格取得を検討している方はぜひ参考にしてください。

執筆者
A太郎

・「技術士の道しるべ」運営者
・技術士一次試験、二次試験ともに一発合格(令和元年度)
・技術士試験に挑戦する人を応援するために情報発信しています。
 
詳しい経歴や実績については運営者情報をご参照ください。
運営者情報はこちら

A太郎をフォローする

危険物取扱者の解説

危険物取扱者とは?

危険物取扱者とは、消防法に基づく危険物の取り扱いに関する専門的な知識や技能を有すると認められた人のことを指します。

危険物を扱う際には危険物取扱者の資格を保有しているか、危険物取扱者に立ち会ってもらう必要があります。

危険物の定義

危険物とは人や社会に危険を及ぼす可能性のある物質です。
物質の特徴ごとに第1類から第6類に分類されており、具体的には以下のものが挙げられます。

危険物取扱者の種類

危険物取扱者には甲種、乙種、丙種の3種類が存在します。

まとめ

危険物を扱う仕事に就く場合や資格取得を検討している方は、危険物取扱者の必要性や取得方法をしっかりと理解しておくことが大切です。

危険物取扱者は、危険物による事故を未然に防ぐために重要な役割を担っています。

危険物取扱者の資格を取得することで、危険物の取り扱いに関する専門的な知識や技能を身につけ、安全に業務を行うことができるようになります。

本記事が、危険物取扱者について理解を深める一助となれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました