技術士二次試験に挑戦するなら通信講座がおすすめ!おすすめの講座はこちら!

危険物取扱者の資格を簡単に取得する方法とは?

記事内に広告が含まれる場合があります

化学系の工場やガソリンスタンドなどの危険物を扱う現場で人気がある国家資格「危険物取扱者」。
危険物取扱者とは、ガソリンやプロパンガスなどの危険物を安全に取り扱うことができる国家資格、及びその資格保持者のことです。

危険物取扱者を取得するためには消防法で定められた試験に合格する必要がありますが、試験は難しく合格率も低いというイメージがあります。

そこで、本記事では危険物取扱者の資格を簡単に取得する方法をご紹介します。
あなたもこの方法を実践すれば、きっと危険物取扱者の資格を手に入れることができるでしょう。

執筆者
A太郎

・「技術士の道しるべ」運営者
・技術士一次試験、二次試験ともに一発合格(令和元年度)
・技術士試験に挑戦する人を応援するために情報発信しています。
 
詳しい経歴や実績については運営者情報をご参照ください。
運営者情報はこちら

A太郎をフォローする

危険物取扱者とは何か?

危険物取扱者とは、消防法で定められた危険物の種類や量に応じて必要となる資格です 。

危険物取扱者には甲種、乙種、丙種の3種類があります 。

危険物取扱者の種類
  • 甲種:すべての種類の危険物を取り扱うことができます。試験は最も難しく、大学卒業以上の知識が必要です。
  • 乙種:第1類から第6類までの危険物を取り扱うことができます。試験は中程度の難易度で、高校卒業以上の知識が必要です。
  • 丙種:乙種第4類危険物(可燃性固体)のうち指定されたものを取り扱うことができます。試験は最も簡単で、高校生程度の知識が必要です。

危険物取扱者を簡単に取得する方法

危険物取扱者の資格を簡単に取得する方法は、以下の3つです。

危険物取扱者を簡単に取得する方法
  • 取得難易度が低い種類から順番に受験する
  • 試験本番で使えるコツを確認しておく
  • 試験対策用の参考書や通信講座を使用する

それぞれ解説していきます。

取得難易度が低い種類から順番に受験する

オーソドックスですが、取得難易度が低い種類から順番に受験することです。

これにより、試験合格に必要な知識を順番に身に付けることが出来ます。
このほか、一番難易度の高い甲種試験を受験する際に一部科目が免除されることがあります。

  • 試験合格に必要な知識を分かりやすく順番に身につけることができる
  • 丙種や乙種の資格を持っていると、甲種の試験に挑戦する際に一部科目が免除されることがある
  • いきなり甲種に合格するよりは「時間」と「費用」が掛かる点には注意

一方、いきなり甲種に挑むよりも「時間が掛かる点」「費用がかさむ点」はデメリットです。

択一式試験で使えるコツを確認しておく

危険物取扱者試験は、甲種・乙種・丙種いずれも択一式試験(いわゆるマークシート)です。

やや邪道ですが、択一式試験ならではのコツを覚えておくと意外と点数の底上げに使えます。

例えば、消去法を駆使すると正解の確率を上げることが出来ます。
「これかこれの選択肢な気がする…」
「この選択肢は違うよな」
これくらいのあいまいな知識だったとしても、回答する選択肢の候補を絞り込むことで正解率を上げることができます。

また、まったく問題の答えが分からなかったとしても必ずマークはするようにしましょう。
5択なら20%、4択なら25%の確率で得点できます。

択一式試験で使えるコツ
  • 消去法を駆使して正解の確率を上げる
  • わからなくてもマークする
  • 「最後にまとめて塗りつぶす」は時間配分ミスや塗り間違いのリスクがあるのでNG

試験対策用の参考書や通信講座を使用する

試験対策には、公式のテキストや過去問集を活用することが重要です。これらの教材は、消防試験研究センターのホームページから購入することができます。

教材だけではなく、通信講座もおすすめです。

ユーキャンやスタディングなど、大手の資格学校が危険物取扱者試験の講座を開設しています。

長く勉強から離れていて勉強に自信がないという方は、講座を受講することもおすすめです。

まとめ

本記事では、危険物取扱者を簡単に取得する方法を解説しました。

危険物取扱者の資格を取得するには試験に合格する必要があります。
危険物取扱者試験はそれなりに難しいので、人によっては「全然合格できなくて困った!」という人もいるかもしれません。

なにはともあれ、試験に合格しなければ危険物取扱者として業務することが出来ません。

試験に合格するために様々な方法を検討していきましょう。
また、試験当日は、必要なものを忘れずに持っていき、時間配分や解答用紙の記入に注意しましょう。

この記事があなたの資格取得に役立てば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました