【2023年度版】技術士二次試験講座の受付が始まっています!おすすめ講座3選はこちら!

【論文の書き方基礎編】基本的な論文の書き方を解説します

a black pen and a notebook二次筆記試験対策
Photo by Kseniya Budko on Pexels.com

分かりやすい論文ってどう書けば良いの?

A太郎
A太郎

まずは基本的な論文の書き方について解説していきますね

技術士二次試験を受験する方はこれまでに業務で報告書や技術レポートなどの形で論文を書いたことがあるという人がほとんどだと思います。
そのため、ある程度論文を書ける自信がある人が多いのではないでしょうか。

しかし、本当に誰にでも読みやすい論文を書けているのかは常に見直していく必要があります。
例えば、以下のようなことにはなっていないでしょうか。

チェックポイント
  • 社内向けの報告書に特化してしまい、社外の人にとっては読みにくい文章になっていないか?
  • 技術士試験のコツにばかり意識が割かれ、基本的なことがおろそかになっていないか?
A太郎
A太郎

そんな時には、試験に関係なく基本的な文章の書き方を確認してみると効果的ですよ

ということで、本記事では技術士試験に限らず『論文の書き方』について基本的なことをまとめました。

「こんなの知ってるよ」という方も抜け・漏れがあるかもしれませんので、一度サラッとで構いませんので読んでみてくださいね。

効率よく技術士二次試験に合格できることで人気のスタディング。
安くて品質が良いという高いコスパで、二次試験合格者の4人に1人がスタディングを受講しています。

現在割引キャンペーンを行っているので申し込むなら今がチャンスです。(1月31日まで)
購入方法は簡単で下記のリンクから申し込むだけ。
スタディングを使って技術士を目指しましょう。

⇒スタディング公式サイトをみる

論文を書くときの基本的なこと

まずは論文を書くときの基本的なことを挙げていきます。
以下のことに気を付けるだけで、大分読みやすい文章になりますよ。

論文を書くときの基本的なこと
  • 1文は簡潔に書く(目安は1文40~60文字以内)
  • 体言止めは本文中には使わない
  • 主語を明確にする
  • 修飾語と被修飾語は近づける
  • 語尾は変化させる、連続して同じ語尾を使わない
  • 『句読点(、)(。)』『コンマ(,)ピリオド(.)』はどちらを使っても良いが混在しない
A太郎
A太郎

それぞれ解説していきますね

1文は簡潔に書く(目安は1文40~60文字以内)

一文は40~60文字以内を目安にすると読みやすい文章となります。
長すぎる文章は読みにくく、ただでさえ難解な技術論文を更に読みにくくしてしまいます。
適度な文字数にすることを心掛けましょう。

NG例>
オーステナイト系ステンレスの一種であるSUS304は、材料表面に不動態皮膜と呼ばれる酸化クロムの被膜を形成することで高い耐食性を有しているため家庭用キッチンや配管などの腐食しやすい環境で使用されており、今後も様々な用途での活用が期待されている。(117文字

OK例>
SUS304はオーステナイト系ステンレスの一種である。(22文字
ステンレスの表面には不動態皮膜と呼ばれる酸化クロムの膜が形成され、この被膜によりステンレスは高い耐食性を示す。(55文字
ステンレスは家庭用キッチンや配管などの腐食しやすい環境で使用されており、今後も様々な用途での活用が期待されている。(57文字

体言止めは本文中には使わない

体言止めとは一文の終わりを体言(名詞・代名詞)で終える書き方です。
例えば、以下のような書き方が体言止めの文章です。
「2020年以降、新型コロナウイルスの感染が急拡大
「本日の天気は雨模様、傘は必携

体言止めは文字数を少なくしやすいので、文字数制限が厳しいニュースや新聞ではよく使われます。
しかし、体言止めは時系列が曖昧になりがちで論文としてはふさわしくありません。
論文にも文字数制限はありますが、明確な文章にするために「である」「だった」までしっかり書くようにしましょう。

NG例>
不具合の原因を明確にするためには○○の調査が必要。

OK例>
不具合の原因を明確にするためには○○の調査が必要である(だった)

A太郎
A太郎

末尾が「である」と「だった」では時系列が変わりますよね

但し、『タイトル』や『箇条書き』には体言止めを使用してもOKです。

主語を明確にする

日本語では主語が省略されることがありますが、論文を書く上では主語は明確にしましょう。

NG例>
国際競争力を高めるために、生産性向上を求めている。

OK例>
国際競争力を高めるために、企業は生産性向上を求めている。

ただ、あまりにも「○○(主語)は~~」「○○(主語)は~~」「○○(主語)は~~」と
同じようなフレーズが続くのも逆に読みにくくなってしまいます。
その場合には主語を省略しても構いません。

A太郎
A太郎

何事もバランスですね

コーヒーブレイク(豆知識)

余談ですが、外国語への翻訳を前提とした文書などは主語を明確にしていることが多いです。
これは主語が明確でないと正しく翻訳できないからですね。
例えば、特許文献などをみるとしつこいくらいに主語が使われています。
特許範囲に絡む特許文献で誤訳があると致命的だからなのでしょう。

修飾語と被修飾語は近づける

修飾語と被修飾語は近くに置くことで読みやすい文章になります。

NG例①>
この装置を導入すると、劇的に作業時間は短くなります。

OK例①>
この装置を導入すると、作業時間は劇的に短くなります。

NG例②>
この装置を導入すると、劇的に作業効率・製品歩留まり・不良率が改善されます。

OK例②>
この装置を導入すると、作業効率・製品歩留まり・不良率が劇的に改善されます。

修飾語と被修飾語が離れるほど読みにくくなっちゃうね

語尾は変化させる、連続して同じ語尾を使わない

同じ語尾を何回も続けて使うと、読み手は単調な文章で読みにくいと感じてしまいます。
2回までならまだしも3回以上は続かないように注意しましょう。

NG例>
~~である。~~である。~~である。~~である。

OK例>
~~である。~~だった。~~できる。~~となる。~~ない。~~がある。

『句読点(、)(。)』『コンマ(,)ピリオド(.)』はどちらを使っても良いが混在しない

一般的な文章では句読点を使うことが多いですが、論文ではコンマとピリオドを使用するというケースもあるかと思います。
これについては人によって意見が分かれるかもしれませんが、私としては「どちらを使っても良いが混在はしないことを推しています。

なお、人によっては『コンマ(,)と句点(。)』の組み合わせを使用する人もいますが、一般的とは言えません。
人によってはNGとする場合もありますので、ここであえてリスクを負う必要はありません。

以上より、私としてはこの組み合わせはオススメしていません。

<OK>
『句読点(、)(。)』もしくは『コンマ(,)ピリオド(.)』のどちらか

<NG>
『句読点(、)(。)』と『コンマ(,)ピリオド(.)』が混在している

<NGではないがオススメしない>
『コンマ(,)と句点(。)』の組み合わせ

覚えておくと便利な技

論文を読む際は、ひたすら長い文章だけでは読み手としても疲れてしまいます。
そんなときには、論文中に図表や箇条書きを入れると論文に変化が出て読みやすくなります。
特に、図表を上手く使うと文章だけでは伝わりにくいことも分かりやすく伝えることが出来ますので、ぜひ使いこなしてくださいね。

『図表』を使う

『図表』を使って説明することで、読み手は視覚的にイメージしやすくなります。
例えば、機械の形状や構造を説明する場合には図を使うと理解しやすくなるでしょう。

『図表』の使い方

・説明分と図の対応が分かりやすいように配慮する。
 例:「~~を図1に示す。」「~~の構造は~~である(図1参照)。」

・図のタイトルは図の下に、表のタイトルは表の下に書く。

箇条書きを使う

並列的な事柄を説明する場合には『箇条書き』を使うと読みやすくなります。
例えば、「長所」「短所」「課題」「対策案」などを羅列するときに使うと読みやすいですね。
特に、羅列する数が多いほど『箇条書き』を使った方が読みやすくなります。

<箇条書きを使わない場合>
ステンレスの長所は熱に強く、衝撃に強く、錆びにくく耐食性が高く、加工がしやすく、入手性が高いことである。

<箇条書きを使う場合>
ステンレスの長所を以下に挙げる。
・熱に強い
・衝撃に強い
・錆びにくく耐食性が高い
・加工がしやすい
・入手性が高い

『箇条書き』の使い方

・いきなり箇条書きをはじめない

<NG例>
見出し:『ステンレスの長所』
・熱に強い
・衝撃に強い など

<OK例>
見出し:『ステンレスの長所』
ステンレスの長所を以下に挙げる。 ←これが必要です。
・熱に強い
・衝撃に強い など

使わない方が良い言葉

日常的には当たり前に使う言葉でも、論文としては使わない方が良い言葉があります。
ここでは論文には使わない方が良い言葉を紹介していきますね。

論文には使わない方が良い言葉と代替案
  • たられば
  • かもしれない ⇒ 可能性がある
  • 思う ⇒ 考える
  • すべき ⇒ 必要がある
  • この、あの、その
  • 会話言葉全般

論文作成のポイントを踏まえて実践しよう

自分で解答論文を添削するのは難しい

ここまでの内容で、模範解答例と解答論文作成のポイントを解説しました。
解説した内容をもとに解答論文が作成出来るようになれば技術士試験に合格できるはずです。

しかし、論文作成のポイントを頭で理解するのと実際に実践できるかは別問題です。

情報収集して解答論文を作成することは自分で出来ます。
しかし、自分で解答論文を添削してブラッシュアップしていくことは極めて難しいです。

解答論文が合格点に達しているか?
自分の解答論文をどのように修正すれば良いか?

自分で解答論文を客観的に改善していくことが難しいというのが
技術士試験の難易度を大きく引き上げている要因だと考えます。

本サイトでも試験対策情報を発信していますが、実践方法だけはどうにも対応出来ません。
私自身が皆さんの添削に協力出来れば良いのですが、現状は趣味で情報発信を行っている程度ですのでそれも時間的に現実的ではありません。

知り合いに親身になって添削してくれる先輩技術士がいれば良いですが、それもなかなか難しいと思います。

解答論文の添削を行うなら技術士二次試験講座がおすすめ!

ということで、本サイトでは解答論文の添削は技術士二次試験講座に託すことにしました。

少し前までは10万円以上、数十万円というような講座が多かったですが、
今では6万円代で十分な添削が受けられる講座も出てきています。

ちゃんと講座を選べばそこまで高い費用でもないので、
講座を受講して添削してもらうようにしてください。

注意!

技術士二次試験講座とひとくちにいっても、講座内容は多様です。
中にはテキストや講義のみで論文添削はやっていないという講座もありますので、

講座を選ぶ際には注意してください。

どの講座を選べば良いか分からないという方は以下の記事を参考にしてみてください。
こちらの記事でまとめた講座は全て論文添削サービス付きの講座です。
⇒技術士二次試験対策講座おすすめランキングTOP6【徹底比較】

それでも迷ったら、アガルートアカデミーかスタディングを選んでおけば間違いないです。

【合格特典で選ぶなら】6万円代で添削回数9回付き!更に合格したら全額返金+お祝い金\30,000-!
【総合力で選ぶなら】6万円代で添削回数10回付き!更に合格したらお祝い金\10,000-!

まとめ

論文の基本的な書き方について解説しました。

色々と挙げましたが、ひとつひとつは難しいものではありません。
もうすでに理解・実践できていることもあるでしょうから、ここで挙げたもの全てを勉強しなおす必要はありません。
自分に足りないなと思ったところを意識するくらいで充分かなと思います。

一方で、ここで紹介したポイントをしっかり活用できているかはきちんと確認しておく必要があります。
自分で書いた解答論文が合格点に至っているかは自分ではなかなか評価出来ませんので、必ず同じ会社の技術士や技術士対策講座の講師に添削してもらうようにしてください。

まだ講座を決めていないという方はこちらの記事を参考にしてください。
技術士二次試験対策講座おすすめランキングTOP6【徹底比較】

技術士二次試験のおすすめ講座3選はこちら

「どう勉強したら良いかわからない」
「なかなか試験に合格できない」

そんなあなたには、効率よく技術士二次試験に合格できることで人気の技術士二次試験講座がおすすめです。
多数ある講座の中から、添削付きのおすすめ講座3選を紹介します。

また、実際に技術士二次試験合格者はどの講座を受講したかのアンケート結果も公表します。
技術士試験に合格したいなら必見です!

この記事を書いた人
A太郎

技術士(金属部門)
 
『技術士試験』に対して戦略的に対策を行い、一次試験・二次試験ともに一発合格
 
そのほか『ものづくり補助金』や『県の助成事業』などでも採択実績を持ち、用途に応じた論文作成を得意とする
 
共に切磋琢磨できる技術士仲間を増やすため自分の使った戦略を発信中
 
詳しいプロフィールはこちら

A太郎をフォローする
二次筆記試験対策
技術士合格への道しるべ

コメント

タイトルとURLをコピーしました