技術士二次試験に挑戦するなら通信講座がおすすめ!おすすめの講座はこちら!

【2024年】危険物取扱者おすすめ通信講座を徹底比較!ランキングも!

危険物取扱者おすすめ講座

記事内に広告が含まれる場合があります

A太郎
A太郎

このページでは、危険物取扱者向けの通信講座を比較しました。講座の品質と受講料をふまえ、おすすめの3選を紹介します!

あなたにぴったりの講座がみつかるはずです。

企業からの需要が高く、キャリアアップが狙えることで人気の国家資格である危険物取扱者
需要が高いわりに難易度もそれほど高くなく、キャリアアップの第一歩としておすすめの国家資格です。

本記事では、そんな危険物取扱者の概要と取得するメリット、試験内容や難易度について解説します。

さらに、仕事や家庭で忙しい方にもピッタリなおすすめの通信講座もご紹介します。質の高い通信講座を選ぶポイントやおすすめランキングもご覧ください。

本記事を読めば危険物取扱者のことが網羅的に理解できるはずです。
危険物取扱者になるための第一歩を踏み出すための参考としてください。

忙しいあなたにおすすめの講座はこちら

「とりあえず一番のおすすめを教えてくれ」という方にはSATがおすすめです。

<SATの特徴>
・技術系資格に特化した講座で教材の質が良い
・国の教育訓練給付制度が使えるのでコスパも良い
・通信講座なので自分で勉強を進める必要がある点は注意

⇒SATの危険物取扱者講座をチェックする
執筆者
A太郎

・「技術士の道しるべ」運営者
・技術士一次試験、二次試験ともに一発合格(令和元年度)
・技術士試験に挑戦する人を応援するために情報発信しています。
 
詳しい経歴や実績については運営者情報をご参照ください。
運営者情報はこちら

A太郎をフォローする

危険物取扱者のおすすめ通信講座

私がおすすめする危険物取扱者講座はこちらの3つです。
いずれもコストパフォーマンスに優れた良い講座です。

A太郎
A太郎

私のおすすめは総合力の高いのSATですね。
教材の質が良くサポート体制もあり、誰でも安心して使える講座です。
開講から30年以上の実績もある大手ですので安心感があります。

\講座名をクリックすると該当場所まで飛べます/
受講料教材その他サービス割引キャンペーンコース名
No.1

SAT
eラーニング講座のみ:8,580円
DVD講座のみ:10,780円
eラーニング+DVD講座:21,780円
講座ガイダンス
テキスト①(106ページ)
テキスト②(92ページ)
練習問題(104ページ)
模擬問題(42ページ)
基礎講座動画(約10時間)
※eラーニング講座もDVD講座も内容は同じ
質問制度あり
確認問題あり
教育訓練給付制度対象講座
※受講料の最大20%を後日支給
※eラーニング+DVD講座のみ
30日間返金保証付き
試験不合格時のサポート期間延長制度
危険物取扱者講座 乙種四類
No.2

ユーキャン
\39,000メインテキスト3冊
ビギナーズぶつりかがく
ゴロおぼえ手帳
ガイドブック
添削関係書類
デジタル学習サイト
模擬試験
メールや郵便による質問制度あり
添削指導あり
試験情報の提供あり(例:法改正時など)
教育訓練給付制度対象講座
※受講料の最大20%を後日支給
危険物取扱者(乙四、丙種)講座
No.3

スタディング
¥5,940セミナー1回
基本講座(動画約8時間)
 ・化学 6講座
 ・物理 6講座
 ・危険物の性質 9講座
 ・法令 1講座
WEBテキスト
スマート問題集21回(140問)
法令暗記ツール34回
模擬試験10回(350問)
学習Q&Aサービスによる質問制度あり
勉強仲間機能(いわゆるSNS機能)
無料体験あり
合格特典Amazonギフト券1,000円
割引クーポンあり ※期間限定
乙種4類合格コース

※税込み価格を表示しています。
 最新の情報は上記表から変更されている場合があります。必ず各講座のWEBサイトで最新版をご確認ください。

講座選びの基準は人それぞれ異なりますが、基本的には「教材の充実度」と「質問などのサポート体制」を見るのがおすすめです。

A太郎
A太郎

特に教材は自分の知識レベルに見合う内容かが超重要です。
受講料が安い講座の場合はある程度の予備知識がある前提だったりします。
そのため別途参考書などで勉強する必要があり、結局高くついたり時間がかかったりします。

本記事では「教材の充実度」と「質問などのサポート体制」以外にもさらに3つの項目を追加し、合計5つの視点から講座を評価しています。
各項目を5点満点で評価し、その平均値を比較して順位付けしました。

評価項目
  1. 教材の充実度
    テキスト、動画などの有無をチェック!
  2. サポート体制の充実度
    模擬試験の有無や質問制度などをチェック!
  3. 受講料の安さ
    受講料や最新の割引キャンペーンなどもチェック!
  4. 講座の信頼性
    運営会社の歴史、実績、他の資格での実績、講師の質、みんなの口コミと評判をチェック!
  5. キャンペーンの充実度
    合格特典の有無をチェック!最終的な受講料に効いてきますよ!

SAT

講座名危険物取扱者講座 乙種四類
受講料eラーニング講座のみ:8,580円
DVD講座のみ:10,780円
eラーニング+DVD講座:21,780円
キャンペーン
その他お得情報
教育訓練給付制度対象講座
 ※eラーニング+DVD講座のみ
30日間返金保証付き
試験不合格時のサポート期間延長制度
教材の内容講座ガイダンス
テキスト①(106ページ)
テキスト②(92ページ)
練習問題(104ページ)
模擬問題(42ページ)
基礎講座動画(約10時間)
※eラーニング講座もDVD講座も内容は同じ
サポート体制質問制度あり
確認問題あり
講座の信頼性合格者多数
他講座でも実績多数
現場系・技術系特化であることの安心感
最終更新:2024年2月
SATがおすすめな人
  • オンラインのe-ラーニングをフル活用したい人
  • 受講料を安く抑えたい人
  • 危険物の知識はないが物理や化学にそこまで苦手意識はない人
メリットデメリット
講座内容が充実している
受講料が安い
教育訓練給付金がもらえる
オンライン環境、PC、スマホが必要である
自分で勉強を進める必要がある

SATの特徴

SATはオンラインを活用した通信講座です。
SAT株式会社の会社設立は2013年と比較的新しい会社です。

SATは現場系・技術系資格の資格に特化していることが特徴的な通信講座です。
衛生管理者以外に取り扱っている資格として代表的なものは以下の通りです。

  • 建築士
  • 技術士
  • 電気主任技術者

アガルートアカデミーやユーキャンは司法試験や中小企業診断士など工業系以外にも様々な資格講座を取り扱っていますが、SATは技術者向けの資格に絞っているのが特徴です。

メリット①教材が豊富

SATは知識ゼロから勉強できるように考えられた講座内容です。
教材の内容も豊富で、十分勉強を進めることが出来るボリュームになっています。

テキストや動画講義はこんな感じです。

内容としては若干シンプルな印象ですね。
技術者っぽいというか、彩りはそんなにない感じです。

技術者ならしっくりくると思いますが、このあたりは好みが分かれそうです。

メリット②受講料の安さ

SATの受講料は業界でも安価な方です。

正規料金実質負担金
e-ラーニングのみ
※教育訓練給付制度は対象外
8,580円8,580円
e-ラーニング+DVD講座
※教育訓練給付制度の対象
21,780円17,424円
A太郎
A太郎

なお、教育訓練給付制度の対象なのはeラーニング+DVD講座のみです。
これよりも安いeラーニング講座は教育訓練給付制度の対象外なので注意してください。

デメリット①オンラインが必要

SATはオンラインを活用した通信講座であるという都合上、教材を十分活用するためにはオンライン環境が必要になります。

インターネット環境とパソコンもしくはスマホが必要ですから、これらの操作が苦手だという方にはつらいかもしれません。

とはいえ、今のご時世ではインターネットやパソコン・スマホはほぼ必需品ですし、受講のために特に特別な操作が必要なわけでもありません。

今この記事を見れている時点で、多分受講するのに問題はないと思います。

デメリット②自分で勉強を進める必要がある

通信講座ですので自分でモチベーションを管理して自分で勉強を進めるという点もデメリットではあります。

とはいえ、自分で勉強を進める必要がある点も逆に言えば「決められた日に授業を受けに行く」という必要がありませんので、自分のペースで好きな時間に勉強できるという強みでもあります。

割と簡単にクリアできるデメリットかなと考えます。

A太郎
A太郎

SATは技術系の仕事をしている方におすすめ出来る通信講座です。ユーキャンと同じく、優先して受講を検討したい講座です。

教材が若干無骨な感じなので好みは分かれるかもしれません。ただ、その分非常に安い費用で受講できますし、更に教育訓練給付制度も活用できます。技術者におすすめの通信講座です。

ユーキャン

講座名危険物取扱者(乙四、丙種)講座
受講料39,000円
キャンペーン
その他お得情報
教育訓練給付制度対象講座
教材の内容メインテキスト3冊
ビギナーズぶつりかがく
ゴロおぼえ手帳
ガイドブック
添削関係書類
デジタル学習サイト
模擬試験
サポート体制メールや郵便による質問制度あり
添削指導あり
試験情報の提供あり(例:法改正時など)
講座の信頼性開講から30年以上の豊富な実績
大手の講座ということも安心感あり他講座でも実績多数
最終更新:2024年2月
ユーキャンがおすすめな人
  • とにかく講座は超大手から選びたい人
  • 5ヶ月かけて無理なくじっくり学びたい人
  • 国家試験に初めて挑戦する、もしくは勉強が苦手な人
メリットデメリット
講座内容が充実している
知識ゼロからでも効率良く勉強できる
教育訓練給付金がもらえる
受講料が高い
自分で勉強を進める必要がある

ユーキャンの特徴

ユーキャンは多くの通信教育講座を取り扱っている有名企業です。
ユーキャンの名前を使いだしたのは2002年と20年ほど前ですが、前身まで辿ると1947年から活動を行っている歴史のある講座です。

テレビCMなども打ち出しており、「チャレンジユーキャン!」「生涯学習のユーキャン」というフレーズは耳なじみがあるという方も多いでしょう。

とにかく歴史と実績のある講座ですから、安心して講座を受講したいという方におすすめの講座です。

メリット①教材が豊富で質も良い

出典:ユーキャン危険物取扱者講座 公式サイト

昔からある危険物取扱者講座ということもあり、教材などの講座内容は非常に良く仕上がっています。

知識ゼロの受験生でも対応できるよう、メインテキストは物理と化学の基礎からスタートします。
それでありながら無駄に覚えること多いということもなく、出題頻度が高いポイントに的を絞って教材が構成されているので効率よく勉強することが出来ます。

単元の最後には練習問題があるため、知識の定着と実践感覚を掴むこともでき効率よく勉強することが出来ます。

また、物理と化学が苦手という方でも対応できるよう、副教材として「ビギナーズぶつりかがく」や「ゴロおぼえ手帳」も用意されています。

どんな方でも効率よく勉強を進めることができる講座内容になっています。

メリット②教育訓練給付制度の対象講座なので給付金が受け取れる

ユーキャンの危険物取扱者講座は一般教育訓練給付制度の対象講座となっているので、受講料の最大20%がハローワークから支給されます。

これにより実質負担額は31,200円とかなり安くなります。

A太郎
A太郎

大体の人は条件を満たせると思いますが、あなたが条件を満たしているかは確認してみてください

デメリット①受講料はやや高め

他の講座と比較して受講料が高めな点には注意が必要です。
他の講座が10,000円~15,000円程度なのに対してユーキャンは実質31,200円と倍近い価格設定となっています。

ただ、他の講座はユーキャンほど知識ゼロからでもわかりやすく勉強できるかと言ったらそこまでではありません。「講座の内容が難しかった、結局参考書を追加で購入して基礎を勉強する羽目になった」というケースも人によってはあると思います。

更には、乙種危険物取扱者の受験料は4,600円です。交通費や食事代、場合によっては宿泊費も考えると更に費用が掛かります。

試験に落ちてしまうとその分受験料などが倍掛かってしまいますので、そうなるくらいなら最初からこのくらいの受講料を出すというのも一つの手です。

A太郎
A太郎

ユーキャンは初学者におすすめ出来る通信講座内容になっており、初めて資格試験に挑戦するという方におすすめしたい通信講座です。

受講料が若干高いのがネックですが、教育訓練給付制度を活用すれば最大20%受講料が戻ってき

ます。知識ゼロでも勉強できるのが魅力的なおすすめの通信講座です。

スタディング

講座名乙種4類合格コース
受講料5,940円
キャンペーン
その他お得情報
無料体験あり
合格特典Amazonギフト券1,000円
割引クーポンあり ※期間限定
教材の内容セミナー1回
基本講座(動画約8時間)
 ・化学 6講座
 ・物理 6講座
 ・危険物の性質 9講座
 ・法令 1講座
WEBテキスト
スマート問題集21回(140問)
法令暗記ツール34回
模擬試験10回(350問)
サポート体制学習Q&Aサービスによる質問制度あり
勉強仲間機能(いわゆるSNS機能)
講座の信頼性2020年マザーズ上場企業
最終更新:2024年2月
ユーキャンがおすすめな人
  • とにかく安く講座を受講したい人
  • オンラインをフル活用して隙間時間を有効利用したい人
  • 忙しいけど国家資格を取る必要がある人
メリットデメリット
隙間時間を活用することを意識した教材
無料体験がある
学習Q&Aサービスで質問可能
オンライン環境、PC、スマホが必要
自分で勉強を進める必要がある

スタディングの特徴

スタディングもSATと同じく、オンラインを活用した通信講座です。
スタディングの運営会社であるKIYOラーニング株式会社の会社設立は2010年と比較的新しい会社です。

スタディングの教材はオンラインで完結していることが特徴です。

教室を使って対面で授業はもちろん行っておらず、テキストや質問制度もすべてWEB上で完結させています。

これにより大幅に運営費を削減しており、講座の品質が高いのに受講料は安いという圧倒的なコストパフォーマンスを実現しています。

メリット①受講料が最安値

スタディングの最大の特徴は受講料の圧倒的安さです。

ベースとなる受講料は5,940円と非常に安く、10%OFFや15%OFFクーポン※もあるので更に安くなります。
※期間によって10%の時があったり15%の時があったりします。

更に更に、合格特典としてアマゾンギフト券1,000円分がもらえるので実質受講料は4000円代と参考書を買うのとほとんど変わらないくらいです。

他社が10,000円~15,000円の受講料である中、この価格は非常に魅力的と言えるでしょう。

メリット②教材がスマホやPCで見やすく、隙間時間を使いやすい

出典:スタディング危険物取扱者講座 公式サイト

スタディングはオンラインをフル活用した講座です。

そのため、教材もWEBテキストや動画など、スマホやPCで勉強しやすい形でまとめられています。

A太郎
A太郎

テキストや動画はスマホでも見れるので外出先のちょっとした空き時間でも勉強できるという強みになります。

メリット③学習Q&Aサービスで質問出来る

チケットを利用して講師に質問することが可能です。

参考書のように一方的に知識を教え込まれるだけでなく、こちら側から分からないことを質問することが出来ます。

初めて国家試験を受ける方でも安心して受験することが出来るので良いサービスですね。

A太郎
A太郎

回数に制限がありますので、そこは注意が必要です。

デメリット①スマホやパソコンが必要

スタディングはオンラインをフル活用した講座のため、スマホやパソコンが使えないという方にとっては全く適していません

オンラインが活用できないとせっかくのスタディングの長所がほぼ全て使えなくなってしまいます。
例えば、「インターネット上でのクレジットカード決済が怖いので、ネット上で物を買う時はいつも誰かにやってもらっている」という方は選ばない方が良いでしょう。

とはいえ、操作はそこまで難しいものではありませんし、今のご時世でパソコンやスマホが使えないという方はほとんどいないでしょう。そもそもこのサイトを読みに来た時点で、インターネットに関する必要最低限の知識はあると思います。

ということで、ほとんどの方にとっては気にしなくても良い程度のデメリットです。

デメリット②自分で時間を管理して勉強を進める必要がある

スタディングはオンラインを活用した通信講座です。
そのため、決まった日時にどこかの教室で授業を行うということはしません。

いつ勉強をするのか?どれくらい勉強するのか?

これらを自分で管理して自分で勉強をする必要があるのはデメリットといえます。

しかし、長所と短所は表裏一体。
この特徴があるからこそ、

いつでも勉強できる
隙間時間を活用できる
場所を選ばず勉強できる
自分の都合に合わせて勉強できる

という長所にもなっています。

本記事を読んでいる時点で、あなたはおそらく意欲のある方だと思います。

その時点で自分で勉強を進めることが出来るタイプでしょうから、デメリットよりも自分の都合に合わせて勉強できるというメリットの方が大きいと思いますよ。

A太郎
A太郎

スタディングは講座内容、受講料、信頼性のバランスが良く、非常にコストパフォーマンスが高いのでまず最初に受講を考えたい講座です。

普段パソコンやスマホを使わないというオンラインを活用できない人には適しませんが、操作も難しくないのでほとんどの人は問題ないでしょう。無料体験もありますので、とりあえず試してみるのがおすすめです。

その他の危険物取扱者講座

たのまな

たのまなの基本情報

講座名危険物取扱者合格講座乙種第4類
受講料15,400円
キャンペーン
その他お得情報
特になし
教材の内容主テキスト2冊
(上巻「実務編」、下巻「法令編」)
学習ガイド+模擬問題集
レポート課題集
サポート体制レポート課題4回提出
講座の信頼性教育関係の事業が得意なヒューマンアカデミーが運営
JTEXと提携した講座である
最終更新:2023年6月

たのまなの特徴

たのまなは多くの教育事業を取り扱うヒューマンアカデミーのサービスです。

ヒューマンアカデミーは教育系事業を扱っている企業です。

会社設立が2010年と比較的最近できた会社ですが、東京、名古屋、静岡などで専門学校を運営しており、なんとなく聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

たのまなのメリット

この講座は職業訓練法人日本技能教育開発センター(JTEX)と提携して開発した講座になっています。

JTEXはものづくりなどの技術系資格に特化した通信講座で、危険物取扱者試験などはまさに得意範囲であると言えます。

本講座の開発者であるJTEX職員の方も実際に「甲種危険物取扱者」を取得している方で、本の出版もされている方です。

プロが開発した講座ですから、教材内容の信頼性は十分あると言えます。

たのまなのデメリット

受講料は15,400円と高くもないが安くもないという中程度の価格帯となっています。

そのため、サポート体制は若干弱い内容となっています。

レポート課題が4回分あるのは良いですが、不明点をいつでも質問出来るというような制度は組み込まれておりません。

普段勉強に慣れておらず、沢山質問をしたいという方は注意が必要です。

たのまながおすすめな人

「信頼性のある講座で受講したい」「充実した教材を選びたい」という方におすすめの通信講座です。

メリットデメリット
教材内容が充実している
JTEXと連携して開発したので信頼性が高い
受講料がそれなりに安い(高くはない)
受講料がそれなりに高い(安くはない)
自分で勉強を進める必要がある
サポート体制が若干乏しい
A太郎
A太郎

たのまなはJTEXと連携して開発した通信講座であり、信頼性を重視したい方にはおすすめの通信講座です。受講料は高くもなく安くもない中程度です。その分、サポート体制が若干乏しい点には注意が必要ですが、自分で勉強を進めていける人にはおすすめです。

公式サイトから申し込む

フォーサイト

フォーサイトの基本情報

講座名危険物取扱者乙種4類通信講座
受講料10,800円
キャンペーン
その他お得情報
無料体験あり
合格特典Amazonギフト券1,000円
教材の内容学習教材
・テキスト3冊
・問題集3冊
・模擬試験(1回)
eラーニング ManaBun
・講義動画
・講義音声
・デジタルテキスト
・確認テスト
・用語集
・スケジュール
資料・副教材
・受講ガイド
・合格必勝編(PDF)
・戦略立案編(PDF)
サポート体制質問箱補足
無料メール質問 3回
講座の信頼性教育関係の事業が得意なフォーサイトが運営
会社設立が1993年と長年の実績あり
最終更新:2023年6月

フォーサイトの特徴

フォーサイトは教育・学習支援事業に特化した会社です。

スタディングなどと同じように通信教育に特化した講座で、高い品質と安い受講料というコストパフォーマンスに優れた講座です。

会社設立が1993年と比較的長めの実績があります。また、CMを流していたこともあり聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

フォーサイトのメリット

フォーサイトは通信講座に特化しており、コストパフォーマンスに優れた講座です。

効率よく暗記するために紙のテキストを、難解な部分を早く・深く・正確に理解するために講義動画を、スキマ時間に学習するためにeラーニングを取り揃えています。

また、質問制度などのサポート体制もしっかり取り揃えています。

総じて、合格するために必要なものが揃いながらも安い受講料であるというコストパフォーマンスの高さが魅力の講座になっています。

フォーサイトのデメリット

フォーサイトでは「満点主義よりも合格点主義」を掲げており、短い時間で効率的に合格を目指すカリキュラムとなっています。

そのため、勉強する内容としては必要最低限となっており、教材のボリュームも若干心もとないものとなっています。

「資格取得後のことも考えてしっかり勉強したい」という方はユーキャンなどの教材のボリュームを重視した講座の方が適しているでしょう。

フォーサイトがおすすめな人

「短時間の勉強で合格を目指したい」「コスパの高い講座を選びたい」という方におすすめの通信講座です。

メリットデメリット
隙間時間で勉強ができる
短い勉強時間で合格を目指せる
受講料が安い
自分で勉強を進める必要がある
教材の内容が若干乏しい
A太郎
A太郎

フォーサイトは「満点主義よりも合格点主義」を掲げており、短い勉強時間で合格を目指したい方におすすめの通信講座です。頻出問題に重点をおいた教材ですので総合的な教材のボリュームが少ない点には注意が必要ですが、とりあえず短期間で合格を目指したいという方にはおすすめです。

危険物取扱者の通信講座の選び方

通信講座の選び方を解説します。

通信講座を選ぶときには以下の3つのポイントを確認するのがおすすめです。

講座選びの3つのポイント
  • 教材の充実度は自分の知識レベルに適しているかで選ぶ
  • 受講料は安い方が良い
  • 講座の信頼性は口コミや運営会社で判断する

教材の充実度は自分の知識レベルに適しているかで選ぶ

各講座で教材の充実度は異なります。

自分にとってどのくらいの教材が必要なのか?

それは自分の知識レベルによって選ぶのが良いでしょう。

教材の充実度の選び方
  • 勉強が苦手で、物理や化学もそんなに覚えていない人
    ⇒教材が充実した講座がおすすめ!
  • 高校や大学を卒業したばかりで、物理や化学がそれなりにわかる人
    ⇒教材はそこまで充実していなくてもいい、代わりに受講料が安い講座がおすすめ!
  • 物理や化学はそれなりに分かるが、勉強方法がわからない人
    ⇒質問制度が充実している講座がおすすめ!

受講料は安い方が良い

受講料も無視できない重要なポイントです。
同じ内容・品質の講座なら受講料が安い方が望ましいです。

受講料が安ければその分余った予算を他のことに回すことで試験に合格する可能性を更に高めることが出来るからです。

例えば、受講料が安い分このような用途に予算を回せます。

余った予算の使い道
  • 試験対策用の参考書を購入する
  • 新しい机や椅子を購入し、勉強しやすい環境を整える
  • 新しいパソコンを購入して、より効率的に試験の情報収集をする
  • 試験前日は試験会場近くの良いホテルに泊まり、万全の状態で試験に挑む

このように予算を他に回して有利に試験に臨めますので、
同じ内容なら受講料は安い方が望ましいです。

A太郎
A太郎

勉強に対するお金の使い道だけでなく、
家族への感謝の気持ちを表すために食事に行ったりするのも良い使い方です

講座の信頼性は口コミや運営会社で判断する

講座の信頼性も重視しましょう。

ひとくちに信頼性といっても判断するのが難しそうに思えますが、
例えば以下のようなことから総合的に判断すると良いです。

講座の信頼性を判断する要素
  • 公開されている合格実績
  • 口コミなど受講生の声
  • 講座を運営している会社の規模

他に重要なポイントは?

あとは自分に足りないものを埋めれるような講座を選ぶのが良い選び方です。

その他に重要なポイント
  • 忙しくて勉強時間がとれない人は『スマホでも受けられて隙間時間に勉強できる講座』
  • パソコンやスマホの操作が苦手な人は『テキストが冊子タイプの講座』
  • モチベーションの維持が苦手な人は『講師に沢山質問出来る講座』

このように選ぶのが良いでしょう。

危険物取扱者について解説

危険物取扱者とは

危険物取扱者とは、消防法で定められた危険物を取り扱ったり、その取り扱いに立ち会ったりするために必要な国家資格です。

アルコールやガソリンなどの危険物を取り扱う製造業は多くあり、企業からの需要が高い国家資格です。

なお、危険物取扱者には甲種・乙種・丙種の3種類があり、それぞれ取り扱うことのできる危険物の種類や試験の難易度が異なります。

甲種危険物取扱者乙種危険物取扱者丙種危険物取扱者
扱える危険物第1類~第6類
すべて
第1類~第6類のうち
試験に合格した類のみ
第4類のうち
限られた危険物のみ
無資格者への立会い可能可能不可能
試験の難易度普通
(大卒程度)
簡単
(高卒程度)
簡単
(高校生程度)

危険物取扱者を取得するメリット

危険物取扱者を取得すると、危険物を取り扱うことが出来たり無資格者が危険物を扱う場面で立会い業務が出来るようになります。

そのため、危険物取扱者を取得しておくと収入アップに繋がったり、就職で有利になるなどのメリットを受けることが出来ます。

危険物取扱者を取得するメリット
  • 職業選択の幅が広がる
  • 求人の選考で有利になりやすい
  • 収入アップにつながる
  • 社会的なやりがいを感じられる
A太郎
A太郎

このように、危険物取扱者を取得することで複数のメリットを受けられます。
理系社会人なら危険物取扱者はぜひ取得しておきたい国家資格です。

危険物取扱者の種類

危険物取扱者は「甲種」「乙種」「丙種」の3種類があります。
さらに、「乙種」は第1類から第6類までの6種類に分かれます。

危険物取扱者の種類によって取り扱うことが出来る危険物の種類が定められており、甲種が一番難しい代わりに第1類から第6類までのすべての危険物を取り扱うことができます。一方、丙種は一番簡単ですが取り扱うことが出来る危険物の種類は極めて限定的です。

A太郎
A太郎

技術者なら甲種もしくは第4類乙種(乙4)を取得しておきたいところです

危険物取扱者試験の難易度

危険物取扱者試験の難易度は以下の通りです。

難易度レベル偏差値合格率
甲種危険物取扱者普通(大卒レベル)5530~40%
乙種危険物取扱者(第4類)簡単(高卒レベル)4830~40%
乙種危険物取扱者(第4類以外)簡単(高卒レベル)4660~70%
丙種危険物取扱者簡単(高校生レベル)4345~55%
危険物取扱者試験の難易度

甲種の難易度レベルは普通、乙種と丙種の難易度レベルは簡単です。
比較的簡単に合格することが可能です。

ただし、試験では専門的な知識が問われます。
勉強しなかったり、勉強方法が適切でない場合には普通に不合格となってしまう程度には難しいです。

A太郎
A太郎

当サイトでは技術士や応用情報技術者などのまさに難関レベルの資格も紹介しています。
それら難関資格と比較したら普通というだけで、普通に勉強は必要です。
例えば、簡単といっても勉強なしで合格できるレベルではないので注意してくださいね。

危険物取扱者試験の勉強方法

合格までに必要な勉強時間

危険物取扱者試験の合格までに必要な勉強時間は以下の通りです。

受験する種類と場合分け勉強時間
甲種:乙種を4種類合格してから受験する場合60~120時間
甲種:理系大学卒業生がいきなり受験する場合100~150時間
甲種:乙種を1種類合格し、実務経験を2年以上積んでから受験する場合120~200時間
乙4:理系大学卒業生がいきなり受験する場合50~80時間
乙4:文系の方がいきなり受験する場合70~100時間
合格までに必要な勉強時間

実務経験の有無や学習方法などによって必要になる勉強時間は異なりますが、おおむねこの程度を見積もっておけばよいでしょう。

資格試験になれた人なら参考書のみで合格を目指すのもアリ!

危険物取扱者試験では専門知識が問われますが、そこまで難しい試験ではありません。

さすがにまったく勉強せずに合格することはできませんが、勉強するための時間が十分とれて、試験勉強にも慣れているという方なら参考書で十分合格が目指せます。

参考書だけで合格が目指せる人の特徴
  • 勉強時間をしっかりとれる
  • 学生である、もしくは少し前まで学生だった
  • 他にも国家資格を持っている
  • 普段から試験勉強が得意である

例えば「他にも既に国家資格を複数所有しており、資格試験に慣れている」という方なら参考書で十分合格できるでしょう。また、「学生、あるいはこの間まで学生だったので試験に慣れている」という方も参考書を使った勉強で十分合格が目指せます。

A太郎
A太郎

乙4程度なら参考書だけでも十分合格できる人はそれなりに多いと思いますよ

時間がない人は通信講座がおすすめ

一方、会社からの指示で危険物取扱者試験に挑戦するなどの場合には注意が必要です。

会社からの指示で危険物取扱者試験に挑戦するケースでは、「いつまでに危険物取扱者を取得すること」という期限が付けられることが多くあります。

ただでさえ日常業務で忙しいのに更に試験勉強まで要求されても、勉強時間がなくて無理だよというケースはよくあるのではないでしょうか?

そんな忙しい方は通信講座を利用するのがおすすめです。

通信講座であれば講師によるサポートが受けられるため、効率的な学習が可能です。
効率的に勉強することで勉強時間の短縮が期待できます。

A太郎
A太郎

あと、甲種を取ろうとする場合はそこそこ難しいので通信講座を使って効率よく合格してしまうという方法もアリですね。

よくある質問

危険物取扱者試験の講座に関するよくある質問を紹介します。
講座を受講しようか考えている方は参考にしてくださいね。

Q
おすすめの危険物取扱者試験講座は?
A

受講料を安く抑えたい方はSATかスタディングがおすすめです。
教材の充実度を重視したい人はユーキャンがおすすめです。
ただし、人によって最適な講座は異なります。様々な観点から比較して自分に最適な講座を選びましょう。

Q
危険物取扱者試験講座とは?
A

危険物取扱者向けに特化した試験対策講座です。その名の通り、講座を受講することで危険物取扱者試験に合格できる確率を高めることが出来ます。
講座は「オンラインを活用した通信講座をメインとしたもの」や「冊子型の教材をメインとしたもの」などがあります。通信講座ならではの強みとして、テキストだけでなく動画などの教材を取り揃えており様々なシーンで効率良く勉強を進めることが出来るのが特徴的です。

Q
口コミや評判を比較して講座を選ぶべき?
A

口コミや評判を比較することは、講座選びで失敗しないためには重要なことです。
但し、口コミや評判は主観的な部分があります。人によって何が最適かは違いますので、口コミや評判だけでなく公式サイトの実際の情報やサンプルなども比較して選びましょう。

まとめ

本記事では、危険物取扱者の概要と合格までの方法について詳しく解説しました。

危険物取扱者は簡単な試験と言われていますが、それでも試験で専門知識を問われるので十分な勉強は必要になります。

資格試験の勉強に慣れていないという方は勉強の仕方がわからないということも多いでしょう。

そのような場合には、通信講座を使用して勉強するのがおすすめです。
やはりプロの講師が作成した教材というのはわかりやすくできています。

「勉強のやり方がわからない」「短期間で合格する必要がある」という方には通信講座は特におすすめです。

タイトルとURLをコピーしました