技術士の3義務2責務とは?技術士倫理網領とは?【技術士試験対策】

一次試験対策

 

技術士の3義務2責務、技術士倫理網領について勉強するぞ!

はい、それでは解説していきますね

 

技術士試験では、「技術士の3義務2責務」「技術士倫理網領」に関わる問題が出題されます。

特に二次試験の口頭試験では必ずと言っていいほど質問されますので、これらについてはきっちりと理解しておく必要があります。

二次試験だけでなく、一次試験の適正科目でも出題されますので、口頭試験に臨む方だけでなく一次試験をこれから受験する方にとっても読んでもらいたい内容となっています。

 

このページのポイント!

・「技術士の3義務2責務」について理解できる

・「技術士倫理網領」について理解できる

・技術士試験でどのような形で出題されるかがわかる

 

口頭試験に臨む方はこちらの記事も参考にしてください。

技術士の3義務2責務とは?

技術士になると技術士の肩書を使用できるようになる反面、以下の義務・責務を負う必要があります。

 

<3義務>

①信用失墜行為の禁止(技術士法第 44 条)

②秘密保持義務(技術士法第 45 条)

③名称表示の場合の義務(技術士第 46 条)

<2責務>

④公益確保の責務(技術士法第 45 条の 2)

⑤資質向上の責務(技術士法第 47 条の 2)

 

これらの義務に違反すると、技術士法 第36条の2の規定により技術士(補)登録を取り消されることがあります。

また、中でも秘密保持義務に違反した場合は「1年以下の懲役又は50万円以下の罰金」という刑事罰に処される可能性もあります。

 

義務違反てそんな重いの!?

そうですよ、だからキチンと覚えてくださいね

 

それでは、「3義務2責務」がどのようなものか、それぞれ具体的に解説していきます。

①信用失墜行為の禁止(技術士法第 44 条)

信用失墜行為の禁止とは、技術士の信用を落とすようなことをしてはならないということですね。

信用失墜行為の具体例を挙げると、データの改ざん・偽装などが該当します。

最近の出来事でいうと、2017年に発覚した神戸製鋼の検査結果の改ざん・捏造行為が記憶に新しいかと思います。

この一件で神戸製鋼は信用を落としてしまい、神戸製鋼製の製品を使用しているメーカーは対応に追われたようです。

私の勤め先でも、お客様から「神戸製鋼の製品を使って生産している製品はあるか」という問い合わせが来ていましたね。

このような信用を落とす行為をしてはならないということを規定しているのが「信用失墜行為の禁止」です。

 

②秘密保持義務(技術士法第 45 条)

秘密保持義務とは「正当な理由なく、業務を通じて知り得た秘密を漏らしてはならない」という義務です。

ここでいう正当な理由とは、情報の所有者から同意を得られている場合、公益(公共の安全や環境の保全)を害する場合などが該当します。

公益を確保するためならば、秘密保持義務に違反したとしても必ずしも罰則を受けるわけではないということですね。

 

公益を守るためなら秘密を漏らしても良いってこと?

このあたりの「秘密保持義務」と後述する「公益確保の責務」が相反している場合は「公益通報者保護法」なんかも絡んできて少しややこしいので、後でまとめて解説しますね。

 

③名称表示の場合の義務(技術士第 46 条)

名称表示の場合の義務とは、技術士の名称を表示する時は自分の登録部門を記載し、登録していない部門は記載してはならないという義務ですね。

名刺などに技術士の名称を入れる時のルールを定めたものです。

例えばこんなように表示をします。

<単体部門の場合>

技術士(〇〇部門)

<複数部門の場合>

技術士(○○部門、△△部門)

 

また、人によっては自分の選択科目まで表示している人もいますね。

私の身の回りでは技術部門まで表示している人の方が多数派、選択科目まで表示している人の方が少数派といった具合です。
※全国的にどうかは不明です。

 

④公益確保の責務(技術士法第 45 条の 2)

公益確保の責務とは、技術士として業務を行うにあたり、公共の安全と環境の保全を害することが無いように努めるということです。

ちなみに公益とは「社会一般に対する公共の利益」のことですが、ここで少し注意することがあります。

社会一般に対する利益という場合になんとなく人間だけのことを考えてしまうことがあるかと思いますが、ここでいう公益とは「環境の保全」も公益に該当します。

環境のことを忘れがちになってしまう場合もあるかと思いますので、「公共の安全」と「環境の保全」セットで「公益」と覚えておいてくださいね。

 

最終的には環境の保全も人間にとっての利益になってくるだとか、技術士試験の枠組みを超えてもっと大きな議論になってきてしまいそうなのでここまでにしますが、いずれにせよ「公共の安全」だけでなく「環境の保全」も合わせて意識しておくと良いです。

 

 

環境の保全も忘れないようにしてくださいね

 

⑤資質向上の責務(技術士法第 47 条の 2)

資質向上の責務はわかりやすいかと思います。

技術者としての資質を常に向上するよう取り組んでいく必要がありますよということですね。

技術は日進月歩ですので、資質向上の取り組みを行っていないとすぐに取り残されてしまいます。

そうすると技術士として業務を行う上で必要な専門的学識も満たせなくなってしまいますので、この資質向上の責務が法律で規定されているのかなと思います。

 

私の場合、職場に学会誌が毎月送られてくるのでそれを読むことと、

関わりのある学会での発表などを行っていますね

 

<ポイント!>

口頭試験で「なぜ資質向上の責務が規定されていると思いますか?」という質問がされたそうです。まさにここで記載したことが回答になりますので、この内容を参考にしてもらって自分なりの回答を用意して口頭試験に臨むと良いと思います。

 

技術士倫理網領とは?

技術士が技術士としての使命を全うするために、このような倫理観を持って仕事をしましょうねということが記載されたものです。

技術士倫理網領は日本技術士会のこちらのホームページに記載されています。

その内容はこのようなものになります。

 

【基本綱領】
(公衆の利益の優先)
 1.技術士は、公衆の安全、健康及び福利を最優先に考慮する。

(持続可能性の確保)
 2.技術士は、地球環境の保全等、将来世代にわたる社会の持続可能性の確保に努める。

(有能性の重視)
 3.技術士は、自分の力量が及ぶ範囲の業務を行い、確信のない業務には携わらない。

(真実性の確保)
 4.技術士は、報告、説明又は発表を、客観的でかつ事実に基づいた情報を用いて行う。

(公正かつ誠実な履行)
 5.技術士は、公正な分析と判断に基づき、託された業務を誠実に履行する。

(秘密の保持)
 6.技術士は、業務上知り得た秘密を、正当な理由がなく他に漏らしたり、転用したりしない。

(信用の保持)
 7.技術士は、品位を保持し、欺瞞的な行為、不当な報酬の授受等、信用を失うような行為をしない。

(相互の協力)
 8.技術士は、相互に信頼し、相手の立場を尊重して協力するように努める。

(法規の遵守等)
 9.技術士は、業務の対象となる地域の法規を遵守し、文化的価値を尊重する。

(継続研鑚)
 10.技術士は、常に専門技術の力量並びに技術と社会が接する領域の知識を高めるとともに、人材育成に努める。

 

これくらいだったらなんとなく分かるかも!

法律の文面よりはイメージしやすく書かれてますよね

 

倫理網領の中身を見てみると、この倫理網領にあるように活動していれば自然と技術士の3義務2責務を守れているようになっているんですね。

例えば (公衆の利益の優先)(持続可能性の確保) は「公益確保の責務」を、(秘密の保持) はそのまま「秘密保持義務」が守られるような形になっています。

技術士試験ではどのように出題される?

ここまで「技術士の3義務2責務」と「技術士倫理網領」について確認してきました。

次は、これらが技術士試験ではどのような形で出題されるかを解説していきたいと思います。

 

技術士一次試験 適性科目

技術士一次試験の適性科目では3義務2責務に関係する問題がほぼ毎年出題されます。

例えば、以下のようなシンプルに条文を回答させる問題がよく出題されます。

一次試験のうちは文章さえ覚えておけば常識的な感覚だけで割と回答できると思います。

3義務2責務と倫理網領について暗記するだけしてしまって、あとの時間は基礎科目や専門科目などに費やしたほうが効率的かなと思います。

 

空欄に入る語句を選べ。

「 秘密保持〇〇(技術士法第 45 条) 」

○○=責務?義務?   答え:義務

※回答を右側に反転して記載しています

 

実際の問題はもっと長いです。

正確なものは技術士会が公開している過去問を参照してください

 

技術士二次試験 口頭試験

技術士二次試験の口頭試験では、がっつりと理解していることが求められます。

口頭試験は試験時間が短いので3義務2責務についてあっさりと終わるケースもある一方で、出題される時は結構ぐいぐいと意地悪な聞かれ方もするので要注意です。

例えば以下のような質問がされます。

 

<簡単な質問>

Q.3義務2責務を知っていますか?

Q.公益とは何ですか?

<意地悪な質問>

Q.あなたの勤め先から公益を損ねることを指示されたらどうしますか?

Q.最近のニュースで技術者倫理に反すると思う事例はありますか?
 それはなぜ起きてしまったと思いますか?

 

意地悪な質問は答えに詰まりそう

回答をあらかじめ考えておかないと答えにくいですよね

 

<補足!>

秘密保持義務の解説のところで少し記載しましたが、「秘密保持義務」と「公益確保の責務」が相反している場合はどのように対応すべきか注意が必要ですので解説します。

まず、「秘密保持義務」と「公益確保の責務」が相反している場合というのは例えば「会社の製品に致命的な欠陥を発見してしまった。でも会社は口外するなと言ってきた」という場合ですね。
致命的な欠陥を見過ごせば「公益確保の責務」に反しますし、致命的な欠陥を会社の意に反して公開したら「秘密保持義務」に反するように思います。

この場合、対応する順番が重要です。以下の順番で対応するようにします。

①事実関係の調査・検証を行う

②問題があると確証があった場合、関係者を説得する

③説得に応じてもらえない場合は適正な機関( 労働基準監督署や都道府県労働局など )に公益通報する

という流れですね。

これは「公益通報者保護法」という法律で条件が決められており、条件を守っている場合は通報者を不利益な扱いから保護してもらえます。

なお、適正な機関にマスコミは該当しませんので注意してください。
マスコミににタレコミなどした場合には公益通報者保護法の対象にならないのでやめましょう。

詳細は公益通報者保護法で調べてみてください。

 

まとめ

技術士の3義務2責務と技術士倫理網領について解説しました。

これらについては技術士試験 一次試験、二次試験両方で必ずといっていいほど出題されます。

きっちりと理解をして対策を行ってください。

 

口頭試験対策はこちら

独学ではなかなか合格できないという場合は講座を受講することもおすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました