技術士二次試験に挑戦するなら通信講座がおすすめ!おすすめの講座はこちら!

技術士一次試験が免除される条件とは?【JABEE認定者は一次試験免除されます】

技術士一次試験の免除条件はjabee 技術士一次試験対策

記事内に広告が含まれる場合があります

技術士になるためには技術士試験の一次試験と二次試験に合格する必要があります。
しかし、指定の大学を卒業した人や指定の国家資格を取得しているなど、一次試験を免除される条件が存在します。
日本技術士会のサイト上で公開されているのですが、情報が煩雑でいまいちわかりにくいかと思いますのでこの記事でまとめてサクッと解説します。

どうせ技術士試験を受験するなら効率よく受けた方が良いので、自分が一次試験の免除対象となっているかこの記事を読んでチェックしてみてください。

記事を読んでほしい人
  • これから技術士試験を受験する人
  • JABEE認定の大学を卒業した人
  • 国家資格を取得している人

忙しいあなたにおすすめの技術士二次試験講座はこちら!

総合力で選ぶならスタディングがおすすめ!
動画講義とテキストに添削10回で69,300円!合格特典はお祝金10,000円!
総合力が高いので迷ったらスタディングを選んでおけば良いです。
⇒スタディング公式サイトをチェックする

合格率で選ぶならアガルートアカデミーがおすすめ!
動画講義とテキストに添削9回で107,800円!合格率は77.78%!(令和4年度実績)
更に合格特典で全額返金+お祝金30,000円!
⇒アガルートアカデミー公式サイトをチェックする

講師の専門性で選ぶならSATがおすすめ!
動画講義とテキストに添削15回で141,680円!zoomによるマンツーマン指導あり!
自分が受験する部門の技術士が講師を担当してくれるという安心感!
※対応していない部門がある点には注意です
⇒SAT公式サイトをチェックする

技術士一次試験を全部免除される条件

JABEE認定教育課程の修了者

JABEEに認定された教育課程の修了者(分かりやすく言うと指定の大学と学部の卒業生)は、技術士一次試験をすべて免除されます。
一次試験を受けることなくそのまま二次試験を受験することができるので、かなりお得です。

「JABEEに認定された教育課程の修了者」という表現が微妙に分かりにくいのですが、要するに「対象となる大学と学部を卒業した人」です。
対象となる大学と学部は文部科学省のホームページのこちらの資料で公開されていますので、心当たりのある方は一度確認してみると良いでしょう。

技術士一次試験を一部免除されるケース

中小企業診断士を取得している人

中小企業診断士を取得している人のうち次の条件に当てはまる人は、一次試験の経営工学部門を受験する場合に専門科目が免除されます。

1.中小企業診断士に登録している方

2.養成課程又は登録養成課程を修了した方であって当該修了日から3年以内の方

3.中小企業診断士第2次試験に合格した方であって当該合格日から3年以内の方

引用:日本技術士会 第一次試験のよくあるご質問 https://www.engineer.or.jp/c_topics/003/003781.html
注意

経営工学部門以外を受験する場合は専門科目が免除されません。普通に一次試験を受ける必要があります。


情報処理技術者を取得している人

情報処理技術者試験の高度試験及び情報処理安全確保支援士の合格者は、一次試験の情報工学部門を受験する場合に専門科目が免除されます。

なお、高度試験とは以下の種類です。

1.ITストラテジスト試験

2.システムアーキテクト試験

3.プロジェクトマネージャ試験

4.ネットワークスペシャリスト試験

5.データベーススペシャリスト試験

6.エンベデッドシステムスペシャリスト試験

7.ITサービスマネージャ試験

8.システム監査技術者試験

引用:日本技術士会 第一次試験のよくあるご質問 https://www.engineer.or.jp/c_topics/003/003781.html
注意

情報工学部門以外を受験する場合は専門科目が免除されません。普通に一次試験を受ける必要があります。

平成14年度以前に技術士試験に合格している人

こちらの事例はちょっと珍しいケースですが、ご紹介します。

平成15年度から技術士試験の制度が変わったのですが、それ以前(平成14年度以前)に受験した場合は二次試験のみ合格して一次試験は合格していないという現象が起こり得ます。

そのような人については、すでに合格した部門と同一部門で一次試験を受験する場合は「基礎科目」と「専門科目」、すでに合格した部門と異なる部門で一次試験を受験する場合は「基礎科目」を免除されます。

まとめ

技術士一次試験を免除される条件について解説しました。

JABEEに認定された大学を卒業した人は一次試験を全部免除され、そのまま二次試験を受験することができます。
中小企業診断士や情報処理技術者を取得している人は一次試験の一部を免除されます。

効率よく技術士になるために、利用できる免除制度は利用していくようにしましょう。

執筆者
A太郎

技術士(金属部門)
技術士試験に挑戦する人を応援するため、対策情報を発信しています。
 
詳しい経歴や実績については運営者情報をご参照ください。
運営者情報はこちら

A太郎をフォローする

技術士一次試験の合格に向けて

さて、本記事では技術士試験の重要なポイントをご紹介しましたが、一次試験に合格する可能性をもっと高めたいと思いませんか?

そんなあなたには、参考書や通信講座などの教材がおすすめです。
知識の幅を更に広げ、技術士試験に合格する可能性を高めるためには、詳細な解説や実践的な問題集が欠かせません。

こちらの記事でおすすめの一次試験向け参考書をまとめていますので、ぜひチェックしてみてください!
技術士一次試験対策 おすすめ参考書

更に、限られた部門限定になりますが、SATの技術士一次試験講座もおすすめです。
参考書と比較すると若干値は張りますが、やはりプロの講師が作成した教材は良いものです。
「高いよな~」と思う方にも対応できるよう、月908円×24回の分割払いで30日間返金保証も付いています。

あなたが建設部門、農業部門、電気電子部門、上下水道部門を受験するなら、
ぜひSATの技術士一次試験講座を検討してみてください。
SATの技術士講座はこちら

☆おすすめ記事はこちら

【一次試験対策】
基礎科目適正科目専門科目

【二次試験対策】
出願書類の書き方
解答論文の書き方
模範解答例Ⅱ-1Ⅱ-2
口頭試験対策想定問答集

技術士一次試験対策
技術士合格への道しるべ

コメント

タイトルとURLをコピーしました