【2023年度最新版】効率よく二次試験に合格できることで人気の技術士二次試験講座。おすすめランキングはこちら!【6万円代~】

技術士試験に受験資格はある?【1分ですぐ分かる解説】

red check mark over black box技術士を知る
Photo by Tara Winstead on Pexels.com
な疑問を解決します!
  • 技術士試験に受験資格はある?
  • 技術士一次試験(技術士補)の受験資格は?
  • 技術士二次試験(技術士)の受験資格は?

この記事は1分ですぐに疑問が解消されるよう構成されています。

一次試験(技術士補)の受験資格

技術士一次試験には必要な受験資格は特にありません。

誰でも受験することが可能です。

極端なことを言うと、小学生でも受験することが出来ます。
ちなみに、本当に小学生で技術士一次試験の合格者が出ています。

二次試験(技術士)の受験資格

技術士二次試験を受験する際は受験資格が必要です。

二次試験の受験資格

以下の二つの条件を満たすこと

  1. 一次試験に合格している
  2. 規定年数(4年 or 7年を超える)の実務経験がある

受験資格① 一次試験に合格している

二次試験を受験するためには、一次試験に合格している必要があります。

なお、一次試験に合格してさえいれば「技術士補」として登録する必要はありません。
「技術士補」に登録しなくても二次試験を受験することができます。

受験資格② 規定年数を超える実務経験がある

こちらはちょっとややこしいです。
技術士二次試験を受験するためには実務経験が必要なのですが、条件によって必要な年数が異なります。

受験資格② 実務経験の必要な年数と条件
  1. 「技術士補として」「技術士の指導の下で」実務経験を積んだ場合は4年を超える年数
    ※技術士補登録後の期間に限る。
     
  2. 「職務上の監督者の指導の下で」実務経験を積んだ場合は4年を超える年数
    ※技術士第一次試験合格後の期間、指定された教育課程修了後の期間に限る。
     
  3. 「指導者や監督者がおらず」実務経験を積んだ場合は7年を超える年数
    ※技術士第一次試験合格以前の実務経験、指定された教育課程修了以前の実務経験も含む。

ほとんどの方は③のパターンで受験しているようです。

なお、②の「職務上の監督者の指導の下で4年を超える年数」の受験資格で受験しようとする場合、
出願書類として「監督内容証明書」などの書類が追加で必要になりますので注意してくださいね。

A太郎
A太郎

職場の上司や先輩などに「ちょっと名前だけ貸して」みたいなことは出来ないということですね

詳細は技術士会の公式サイトを確認してください。

まとめ

技術士試験の受験資格について解説しました。
技術士試験の受験資格は以下の通りです。

技術士試験の受験資格

一次試験:特になし

二次試験:以下の①②を満たすこと
     ①一次試験に合格する
     ②4年or7年を超える実務経験を積む

受験資格を把握したら次は対策を進めましょう。
対策するなら以下の記事がおすすめです。

技術士一次試験対策のおすすめ参考書

技術士二次試験の対策講座おすすめランキング

この記事を書いた人
A太郎

技術士(金属部門)
 
『技術士試験』に対して戦略的に対策を行い、一次試験・二次試験ともに一発合格
 
そのほか『ものづくり補助金』や『県の助成事業』などでも採択実績を持ち、用途に応じた論文作成を得意とする
 
共に切磋琢磨できる技術士仲間を増やすため自分の使った戦略を発信中
 
詳しいプロフィールはこちら

A太郎をフォローする
技術士を知る
技術士合格への道しるべ

コメント

タイトルとURLをコピーしました